信頼できる相手なら、私は貸します。

私の家族には、お金を貸せると思います。家族の信頼と絆があるから、お金を貸せるんだと思います。少しづつでもいいから、ゆっくりとかえしてくれればいい。子どもたちは、返してくれると思います。でも、こどもたちに、1000万貸してほしいと言われたら、無理かもしれませんが、
家族以外から、お金を貸してくれと言われたら、考えますよね。
でも、私の周りにいる友人には、お金を貸すことができると思います。実際、一緒に出掛けた時に、持ち金が少なかった時には、お互いにお金の貸し借りをしています。でも、限度額はあると思います。10万くらいまでなら貸してもいいかなとは思います。貸したお金は、かえしてくれると思えるから。
知人、同僚、となると難しいですね。お金を貸してほしいと懇願されたり、事情を聞かされたりしたら、お金を貸したくないとは、面と向かって、言えないと思います。が、知人、同僚だと、わたしの考えているところの親密度の距離感が違うように思えるので、できれば、お金の貸し借りをしたくないなと考えてしまいます。
でも、少ない金額であるなら、お金を貸してあげると思います。
私の周りにいる人は、みんないい人に思えるのですが、甘いでしょうか。

私の知人から聞いた話では、ある人が、ママ友から生活の為と言って5万借りて、毎月支払うと言いながら、ひと月目に一万支払って、残金の4万の支払いが、とどこっているのは、よほど生活に困っているんだなと思って、催促しないでいたら、生活の為でなく、自分の交際費に充てているのが発覚したため、返却するように要求したら、別のママ友に4万を借りて、最初に借りていた人の返却にあてたのが、ふとしたことから、ママ友同士の話の中でばれて、その人は、それ以来、仲間外れになっているそうです。
貸した人も、借りた人も、みんな、子供の友達のママ友。
返してくれると思って信頼してお金を貸したはずなのに、返してくれない。
私は、多少の金額なら、友人、知人、同僚にもお金を貸してあげらると思います。
無理な金額の時には、かわいそうだけれども、自分の家族、親族を頼るように言うと思います。

それでも頼ることができないのであればキャッシングを利用してといいますね。キャッシングも無理なく計画を立てて利用すれば借金地獄になることもないですからね。

こちらを参考にどうぞ

頼りになる即日キャッシングの大まかな仕組みなら、理解済みの方はいっぱいいるけれど、具体的にはどんな手続きや処理をしてキャッシング可能になるのか、細かいところまで理解できている人は、ほとんどいないと言えるでしょう。
ネット環境が準備できれば、申込を消費者金融で行えば頼りになる即日融資を受けさせてもらえる、ことがあります。こういう言い回しなのは、融資を受けるなら審査があるわけですから、それにちゃんと通ったならば、融資が実現可能になるという意味なのです。
低くても利息を可能な限り払わずに済ませたいと思っているなら、初めの一ヶ月は金利がタダ!という、特典つきの特別融資等がいつも開催されている、アイフル、プロミスなどが有名な消費者金融会社の即日融資で貸し付けを受けることを最初にトライすべきです。
消費者金融系のプロミス、銀行系のモビットなどという、テレビのCMなどで普通に見てご存知の、大手のキャッシング会社に申し込んでも注目の即日キャッシングで融資可能で、申込んだ日のうちに借りたお金をもらうことができるのです。
必ず実施されるキャッシングの際の事前審査とは、申込んだあなた自身が間違いなく返済可能かどうかの判断をする重要な審査なのです。借入をしたい人の収入額とか勤務年数などの情報により、新規にキャッシングでの融資を認めることが適切なのかなどについて審査しているということなのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>